読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

作家/作者とは何か――テクスト・教室・サブカルチャー

共著、2015年11月10日、和泉書院、250頁、日本近代文学会関西支部編、担当「登場人物の類型を通して作者は何を語るか――私小説を起点に」pp.2-14 作家/作者とは何か: テクスト・教室・サブカルチャー作者: 日本近代文学会関西支部出版社/メーカー: 和泉書院発…

 ジブリの森へ 3刷

『増補 ジブリの森へ』がおかげさまで3刷を迎えました。ジブリの森へ―高畑勲・宮崎駿を読む (叢書・「知」の森)作者: 米村みゆき出版社/メーカー: 森話社発売日: 2008/04メディア: 単行本 クリック: 8回この商品を含むブログ (1件) を見る

私小説ハンドブック

共著 2014年3月14日、勉誠出版、320頁、私小説研究会編、秋山駿・勝又浩監修、担当「日本語作家」(項目執筆)pp.230-231 私小説ハンドブック作者: 秋山駿,勝又浩,私小説研究会出版社/メーカー: 勉誠出版発売日: 2014/03/31メディア: 単行本この商品を含むブ…

多言語社会日本 その現状と課題

多言語現象研究会編、三元社、2013年9月10日、担当「多言語日本と移民文学」pp.279-282 多言語社会日本―その現状と課題作者: 多言語化現象研究会出版社/メーカー: 三元社発売日: 2013/09メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る短いコラムですが…

戦争を〈読む〉

石川巧・川口隆行編、ひつじ書房、2013年3月、担当「第15章 難民――シリン・ネザマフィ「サラム」」、pp.244-260 戦争を〈読む〉作者: 石川巧,川口隆行出版社/メーカー: ひつじ書房発売日: 2013/04/08メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (…

認知物語論の臨界領域

西田谷洋・浜田秀編、ひつじ書房、2012年9月7日、97頁、担当「小説とスキーマをめぐるスケッチ――デフォルト値、推論、ヘッダー」pp.21-35 西田谷さん、浜田さんたちと作った認知物語論系の二冊目の共著。物語論についての理論的な考察を行った小論を書いた。…

来日留学生の体験――北米・アジア出身者の1930年代

マイグレーション研究会編、不二出版、2012年6月15日、担当論文「望郷のハワイ――二世作家中島直人の文学――」pp.3-24 (本論文は『文学研究論集』27号(筑波大学比較・理論文学会、2009年2月)発表の論考に修正を加え、編者の許諾のもと本書に収録したもので…

渡航する作家たち

神田由美子・高橋龍夫編、翰林書房、2012年4月20日、223頁、担当「アメリカに彷徨う 在米日本人としての荷風」pp.43-54 大学・短大のテキスト用に編まれた書籍です。永井荷風の米国体験およびその作品を、日系移民の経験から読み直す、という角度で書きまし…

〈글〉에 의지하여: 일본계 아메리카이민자 강제수용하의 믄힉할동

식민지 일본어문학/문화연구회 편『제국일본의 이동과 동아시아 식민지문학 2 대만,만주,숭국,그리고 환태평양』도서줄판 문, 2011.11, pp.463-501 (엄인경 역) 日本語題:「〈文〉をたよりに――日系アメリカ移民強制収容下の文学活動」

認知物語論キーワード

西田谷洋・浜田秀・日高佳紀・日比嘉高 共著、和泉書院、2010年4月、全108頁 [rakuten:book:13653883:detail]数年来やっていた物語論についての研究会の「報告書」のような位置づけ。認知と物語論をつなぐのは、思った以上に難航しました。とにかく、なんと…

読む人の旅の別れ――『あめりか物語』『ふらんす物語』

柘植光彦編『永井荷風 仮面と実像』ぎょうせい、2009年9月25日、pp.88-94、所収 [要旨] 荷風の『あめりか物語』『ふらんす物語』を、旅することと読むことの物語として考察した。とりわけ『ふらんす物語』中の諸作品を取り上げ、彼が実際に旅人であったか…

近代日本メディア人物誌――創始者・経営者編

土屋礼子編著、ミネルヴァ書房、2008年6月20日、「佐藤義亮」p.137-144を担当 【楽天ブックスならいつでも送料無料】近代日本メディア人物誌(創始者・経営者編) [ 土屋礼子 ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > その他ショップ: 楽天ブックス価格: 3,024円楽…

〈コラム〉鉄道と関西文化圏

『横光利一と関西文化圏』,田口律男ほか編,松籟社,2008年12月,pp.183-185 「共著」のカテゴリに入れてあるが、正確には「その他」に分類すべき量と思われるコラム。宣伝も兼ね、ということで。 横光利一と関西文化圏作者: 黒田大河,島村健司,杣谷英紀,田…

鉄道――関西近代のマトリクス

日本近代文学会関西支部編 和泉書院 2007年11月 定価945円(本体900円) (いずみブックレット1)A5・並製・64ページ・ISBN978-4-7576-0437-7 鉄道―関西近代のマトリクス (いずみブックレット)作者: 日本近代文学会関西支部出版社/メーカー: 和泉書院発売…

大衆の意地悪なのぞき見──『講談倶楽部』のスポーツ選手モデル小説──  

『大衆文学の領域』大衆文化研究会編集・発行、2005年6月,pp.197-213 [紹介] 1930年前後に大衆誌『講談倶楽部』を舞台に展開した、スポーツ選手モデル小説を分析する。近代文学の歴史上、モデル問題は数多く生起しているが、本論の対象とするモデル小説は…

漱石の「猫」の見たアメリカ──日系移民一世の日本語文学──

『〈翻訳〉の圏域』筑波大学文化批評研究会編集・発行、2004年2月、pp.227-243 [紹介] 本論文は、『吾輩の見たる亜米利加』(保坂帰一著、1913-4)というある日系移民が書いた小説を分析することを通じて、一世たちの日本語文学の位置・意味を考えることを…

〈城〉からの眺め

米村みゆき編『ジブリの森へ──高畑勲・宮崎駿を読む──』共著,2003年12月,森話社,pp.56-81,他共著者7名 [rakuten:book:11219077:image] [紹介] 宮崎駿のアニメーション映画を、〈城〉の表象に注目しながら横断的に分析した。『未来少年コナン』から『千…

「モデル問題」の発生──内田魯庵『破垣』

『国文学 解釈と教材の研究』第47巻第9号、2002年7月、pp.31-35、7月臨時増刊号・特集「発禁・近代文学誌」のち国文学編集部編『発禁・近代文学誌』共著,2002年11月,学燈社,pp.31-35,他共著者36名(臨時増刊号の書籍版) [紹介] 「モデル問題」は実在…

〈自画像の時代〉への行程──東京美術学校『校友会月報』と卒業製作制度から──  

『明治期雑誌メディアにみる〈文学〉』筑波大学近代文学研究会編集・発行、2000年6月,pp.206-225 [紹介] 東京美術学校(現・東京芸術大学)の諸制度・資料を分析し、近代日本における自画像の出発のようすを考える。東京美術学校西洋画科の卒業製作制度(…

〈翻訳〉とテクスト生成――舟木重雄「ゴオホの死」をめぐって――

『多文化社会における〈翻訳〉』筑波大学文化批評研究会編集・発行、2000年6月、pp.219-238 [紹介] 大正元年に発表された舟木重雄「ゴオホの死」は、ゴッホに憧れ、彼のような芸術家になりたいと苦しむ小説家志望の青年の一日を描いた短編小説である。この…

創刊期『太陽』の挿画写真――風景写真とまなざしの政治学――

『植民地主義とアジアの表象』筑波大学文化批評研究会編集・発行、1999年3月、pp.61-87 [紹介] 明治28年創刊の総合雑誌『太陽』は、日本の雑誌が写真をその誌面に取り込み始めた初期の例である。日清戦争期に現れたこの巨大雑誌が、どのような外国像・日本…

「モデル問題」とメディア空間の変動――作家・モデル・〈身辺描き小説〉――

初出、『日本文学』No.536、1998年2月、pp.10-21 のち、和田敦彦編『読書論・読者論の地平』(日本文学研究論文集成47、若草書房、1999年9月、pp.185-200)に採録 [紹介] 明治40年後半に起こった、小説のモデルをめぐる道義的論議「モデル問題」を、読書慣…