読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

最近いただいた本

紹介

所与と自由―近現代文学の名作を読む (南山大学学術叢書)

所与と自由―近現代文学の名作を読む (南山大学学術叢書)

細谷さんから頂戴した。主に1990年代後半以降に書かれた論文、書評、短文などが収められている。その数40編弱。圧巻である。扱われているのは、鴎外、漱石志賀直哉小林秀雄太宰治川端康成三島由紀夫ほか。冒頭の「所与と自由」、および「おわりに」に言明されているように、〈読み〉にこだわり、その自由と制約のなかで書き継がれた論考が並ぶ。