日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

サイトの引っ越し 名古屋大学大学院 人文学研究科 日本文化学専門

学内のサーバの廃止に伴って、所属講座のウェブサイトが以下に引っ越ししています。
Googleではまだ新しいページがヒットしませんので、ここにリンクを張っておきます。

jculture-nu.main.jp

(紹介)在朝日本人の文学に関する最近の研究 高麗大学の成果

かつて、植民地時代の朝鮮半島に住んでいた日本人=在朝日本人による文学活動というのがありました。ここのところ高麗大学の日本文学研究系の人たちが、大きな研究費を取って継続的にこのジャンルについての研究を行っていることは、間近で見て来ました。

先日、機会があったので、成果としてはどんなものがまとまっていますか?とうかがってみました。以下は、高麗大学の金孝順先生に教えていただいたその成果のリストです。日本語文学についての研究ですが、韓国内で刊行された業績であるため、日本にいると見えにくいです。金孝順先生の許可を得まして、ここにシェアします。

在朝日本人の文学についての研究は、やっぱり私たちのグローバル日本研究院のHK(人文韓国)事業から始まったのではないかと思います。もちろんその前にも2000年代に入ってから、韓国の国文学研究の一分野として植民地時期の文学が研究されることによって個別的な研究は少しずつ出ていましたが、本格的な在朝日本人の文学研究のはじまりは〔高麗大学校の〕グローバル日本研究院のHK(人文韓国)事業の中の<跨境日本語文学・文化研究会>によって在朝日本人の日本語雑誌に掲載された文芸物を共同研究しその成果を単行本の形で出版したのにあったと思います。

研究書の成果としては以下があります。

  • 『在朝日本人と植民地朝鮮の文化』1(図書出版亦楽、2014.5)
  • 『在朝日本人と植民地朝鮮の文化』2(図書出版亦楽、2015. 6)
  • 『在朝日本人日本語文学序説』(図書出版亦楽、2017. 6) ←10年間の研究成果を網羅。『跨境日本語文学研究』第5号(2017年12月)に高麗大学国文学科のクォン・ボドゥレ先生による書評あり。

在朝日本人の日本語雑誌に掲載された文芸物に関する研究は、2017年HK(人文韓国)事業の終了によって最近はあまり関心の対象から外れていますが、その
代わり同じ時期、日本語新聞に掲載された日本語文芸物に関する研究─たとえば私〔金孝順先生〕が責任者である<『京城日報』文学資料DB構築事業>(『跨境日本語文学研究』(第3号、2016年6月)の研究資料参照)や兪在真さんが責任者である<韓半島で刊行された日本語民間新聞の文芸物研究>(『跨境日本語文学研究』(第5号、2017年6月)の研究資料参照)など─が注目されています。これらの研究は各々来年、今年終了されるもので、終了されたら研究書と資料集が刊行される予定です。

上記の事業に関わった若手研究者による博士論文が複数出ています。

  • 中村静代『植民地朝鮮における怪談の研究』(高麗大学博士論文、2016年)
  • 金寶賢『植民地時期における朝鮮・台湾の日本伝統詩歌に関する研究』(高麗大学博士論文、2017年)
  • 李嘉慧『植民地時期における在朝日本人花柳界女性の表象研究』(高麗大学博士論文、2019年)
  • 金旭『植民地時期における朝鮮・台湾の高等教育機関の文芸活動に関する比較研究』(高麗大学博士論文、2019年)

以上。

「みらい翻訳」を使って仕事をしました。(使用感)

ちょっと前の紹介Tweetが予想外に出回ってしまったので、責任?を感じまして、ちょいと使用感について書いておきます。

仕事の状況

  • 私は日本人の日本文学・文化研究者
  • 英語は下手くそ。けどときどき英語で学会報告する必要あり
  • 今回はその発表原稿を作成

結論
めちゃ使えました。人間と機械の知的な協働の姿の一つの形が、ここにあるかもと思いました。まさに「みらい」体験。みらい翻訳のサイトは以下URL。
https://miraitranslate.com/trial/

アメリカ人の研究者にネイティブチェックしてもらいましたが、彼も「仕事がなくなるかも(笑)」と驚いていました。(彼は日本語翻訳の上級クラスを大学で持っている)

具体的使用感
ただし、そのままでは使えません。

◎ 1 英語らしい文構造や言い回しにしてくれる
○ 2 平易な表現を作るので、口頭発表が楽
× 3 語彙を置き換える必要あり
× 4 単数複数の区別が苦手
× 5 訳し間違いはそれなりに出てくる

1はほんとにありがたかった。私のような日本語脳の持ち主は、英語的な言い回しそのものを作るのに、すごく苦労する。というか現状ではできない。みらい翻訳は、そこを代替してくれる。しかも爆速で。英文の読み上げ原稿の作成スピードは桁違いに上がります。

2は、両面あります。とても平易で、多くの話者が理解できるような語彙に置き換えてくれるので、英語能力が低い私にとって、理解しやすく、また自分で話しやすい。

一方、これは 3 の注意点とバーターでもある。どの業界でもそうだと思うけど、喋っている内容を、外側の文脈とか理論的背景に関連付けていくようなキーワードや術語、言い回しがあるはず。そこはcontact のspaceじゃなくてzoneにしてください、みたいな。ここを適切に置き換えていけるかどうかが、上述の私のような仕事の場合には、キモかな、と思いました。

4 はもう日本語の仕様なのでしかたがないです。みらい翻訳の設計者達はがんばっていると思うんですけれど(訳せてるところもあるから。それってすごいことじゃ?)、基本的に日本語が単複を明示しない言語である以上、無理がある。こちらで直していくしかない。

5 も、当たり前。どれだけ行っても0にはならない話だと思う。間違いを探して、適切に直すこちらの能力が試されます。
で、私に関して言えば、完璧にそれをやるのは到底無理。人間のネイティブチェッカーに頼りました。研究発表ですから、、、やっぱその筋の人にチェックしてもらわないと、というのもありました。

おわりに
こういう、機械の仕事が人間の知的作業を助けてくれる場面は、これからどんどん増えていくんだろうなと感じました。機械はたぶんどこまでいっても欠点を抱え続けるだろうけれど、それをよく知った上で付き合えば、ものすごく有能なパートナーになってくれる。機械か人間か、は1か0かじゃないんですね。とっても面白い経験でした。今後も、お世話になり続けることでしょう。

高校国語科の曲がり角 ──新学習指導要領の能力伸長主義、実社会、移民時代の文化ナショナリズム

現代思想』第47巻7号、2019年5月、pp.114-123

この論考では、現在進行中の「改革」によって変わろうとしている国語科の姿を確かめ、批判的に検討した。具体的に取り上げたのは、2018年に公示された高校国語の新学習指導要領である。

節題は以下の通り。

1.新しい学習指導要領はどこへ向かうのか
2.能力伸張主義にもとづく科目編成──亡霊が歩き始める
3.「実社会」コンプレックス──不安が愛を叫ばせる
4.自国語・自国文化尊重主義──教室に座っているのは誰か
5.おわりに 〈「文学国語」を使い倒す〉に向けて

同号の特集「教育は変わるのか」には、国語教育改革関係の他の関連論考(紅野謙介さん、阿部公彦さん、五味渕典嗣さん)も掲載されています。目次はこちらからどうぞ。
www.seidosha.co.jp

f:id:hibi2007:20190427171440j:plain

新紙幣登場についてコメント(東京新聞)

新紙幣の件で、東京新聞でコメントをしています。
「不遇の二千円札 触れたくない「危険物」」東京新聞、朝刊、2019年4月10日、25面
ちょっと勢い盛られてる感じがするけど、まあ、、、はい。文学者が消えたことを嘆く文学研究者的なアレ。

最近頂戴した本 4冊

Twitterでも紹介しましたので、以下貼ります。省力モード。

頂戴した本はまだまだまだまだあるのですが、順次、挙げていきます。まず手近な(文字通り机の上の方にあった)4冊でした。
ご恵投下さった他の著者/編者の皆さん、申し訳ありませんが、今しばらくお待ち下さい。

〈空白〉の根底 鮎川信夫と日本戦後詩

〈空白〉の根底 鮎川信夫と日本戦後詩

「鏡」としての透谷?表象の体系/浪漫的思考の系譜

「鏡」としての透谷?表象の体系/浪漫的思考の系譜

ポストコロニアル台湾の日本語作家 黄霊芝の方法

ポストコロニアル台湾の日本語作家 黄霊芝の方法

中野重治・堀田善衞 往復書簡1953-1979

中野重治・堀田善衞 往復書簡1953-1979