読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

図書館と読書の履歴をめぐる文学的想像力

『日本文学』日本文学協会、第65巻第11号、pp.51-61、2016年11月10日発行、特集「図書館と文学──保存・検閲・スキャンダル」

Title: "Library, Reading Record, and the Literary Imagination"

表題の論文を書きました。要旨は以下のとおりです。

[要旨]
この論考では、個人の内面や来歴と、本と読書記録との交差をめぐる文学的想像力を検討する。その想像力には、図書館という装置が深く関わっている。図書館は、私たちが本および他者と取り結ぶ関係を深く規定している。さらに図書館という装置には、個人の履歴や性向を把捉し、読書を教育の一つの回路としようとする監視と規律訓練の権力も介入する。言及した作家は村上春樹夏目漱石恩田陸法月綸太郎有川浩小川洋子などである。

[Summery]
Literary imagination is created by interactions between our psyche, personality, and reading habit. It is closely related to the social functions of libraries to define our reading predilections with no small influence on the formation of our personality. Therefore libraries are always in danger of being abused as an ideological apparatus for surveillance and discipline through our reading records and habits. This article will explicate both the limitations and possibilities of libraries in cultivating our literary imagination.

f:id:hibi2007:20161111233726j:plain