読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

東アジアと同時代日本語文学フォーラム 名古屋大会(告知第2弾)

10月末に、「東アジアと同時代日本語文学フォーラム 名古屋大会」という国際研究集会を開催する運びとなりましたので、ご案内を申し上げます。

「東アジアと同時代日本語文学フォーラム」は日本、韓国、中国、台湾の日本研究者が各地域を毎年巡回しながら一堂に集う国際研究集会です。これまでソウル、北京、台北で開催されてきました。今年は名古屋大学博物館明治村を会場として開催します。

各地域の大学院生たちによる発表集会「次世代フォーラム」と、シンポジウム「集団の記憶、個人の記憶」が主なプログラムです。詳細な要領、プログラムは下記およびリンク先ウェブサイトをご覧下さい。

どなたでもご参加いただけます。ぜひ、秋の名古屋大・博物館明治村へお越し下さい。(なお博物館明治村で開催される30日のプログラムについては事前申込と、明治村入村料などが必要になります)

「第4回 東アジアと同時代日本語文学フォーラム 名古屋大会」
Forum on East Asia and Contemporary Japanese-Language Literature in Nagoya

名古屋大会テーマ「集団の記憶、個人の記憶」
開催日程・2016 年10 月28日(金)~30日(日)
場所・28日 名古屋大学文系総合館7Fカンファレンスホール他
   29日 名古屋大学アジア法交流館AC​ホール
   30日 博物館明治村 第四高等学校物理化学教室


公式ウェブサイト(趣旨、スケジュール、発表要旨、アクセス、申し込みなど)
http://nagoyauniversity.wixsite.com/jl-lit-nagoya


  • 主催 東アジアと同時代日本語文学フォーラム
  • 共催 「昭和モダンの展開/転回-1930〜40年代東アジアにおける文化翻訳のポリティクス」​(JSPS科研費26370430)
  • 後援 名古屋大学大学院文学研究科、名古屋大学大学院文学研究科附属「アジアの中の日本文化」研究センター、九州大学大学院地球社会統合科学府言語・メディア・コミュニケーションコース、高麗大学グローバル日本研究院日本語文学・文化研究センターおよび高麗大学BK21PLUS 中日言語文化教育・研究事業団、北京師範大学外国語学院日本語科、台湾輔仁大学外国語学部日本語文学科
  • 助成 国際交流基金東芝国際交流財団、鹿島学術振興財団、名古屋大学国際会議助成金


問い合わせ先
日比嘉高名古屋大学大学院文学研究科)
yshibi[at]lit.nagoya-u.ac.jp

nagoyauniversity.wixsite.com