読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

国際スポーツ・イベントによる主体化――一九三二年のロサンゼルス・オリンピックと田村(佐藤)俊子「侮蔑」

名古屋大学文学部研究論集 文学』62、2016年3月31日、pp.245-253


後日、名古屋大学リポジトリで全文が公開の予定です。

[要旨]
この論文では、田村俊子の短編小説「侮蔑」を取り上げ、オリンピックが日系二世たちにどのような受け取られ方をしたのか、その表象を分析する。田村俊子は1936年にカナダから帰国し、1938年に上海へ旅立つまでに、数編の日系二世を主人公にした小説を描いている。移民地で、移民の二世として、また亜米利加合衆国の排日の風潮の中、マイノリティの若者として生きることのむずかしさを描いた作品が多い。「侮蔑」もまたその一つである。作品の表現を分析しながら、オリンピックがスポーツだけでなく「教養」や「品格」、「スピリツト」を問い、人種間の優劣を測る尺度に影響を与え、ナショナリズムという回路を通じて見る者の「血」に訴えかける巨大な装置なのだと結論づけた。


Subjectification through an International Sports Event: The 1932 Los Angeles Olympic Games and Toshiko Tamura (Sato)’s “Bubetsu (Scorn)”

Yoshitaka HIBI


Analyzing Toshiko Tamura (Sato)’s “Bubetsu (Scorn)”, this paper explores how second generation of Japanese immigrants, the so-called Nisei, conceived of the 1932 Los Angeles Olympic Games. In the two years between her return to Japan from Canada in 1936 and her departure for Shanghai in 1938, Toshiko wrote a number of novels with Nisei protagonists living in the United States. Most works depict the difficulties to live as minority youths during the anti-Japanese sentiment in the United States of the 1920-30s. “Bubetsu” was the one such novel. Trough an analysis of the representation of Nisei and the Olympic Games in the text, I show that apart from being a sports event, the Games function as powerful device to measure the level of educational and cultural refinement, as well as the spirit of the athletes. Ultimately, they became a scale for measuring excellence of each ethnic group or race, appealing to the audience’s “blood pride” through nationalistic enthusiasm.

Keywords: Toshiko Tamura (Sato), “Bubetsu (Scorn),” Olympic Games, Los Angeles, sports event