読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

日本近代文学会東海支部2015年度シンポジウム「昭和10年代文学場と〈外地〉」

豪華メンバーのシンポジウムです。ぜひ、3月の名古屋へ。


日本近代文学会東海支部 第55回研究会の御案内

2015年度シンポジウム
「昭和10年代文学場と〈外地〉」
(日本近代文学会東海支部・JSPS科研費「昭和10年代における文学の〈世界化〉をめぐる総合的研究」共催シンポジウム)

 まだまだ寒さ厳しき折、皆様におかれましては御健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、日本近代文学会東海支部第55回研究会としてシンポジウム『昭和10年代文学場と〈外地〉』を下記の通り開催いたします。万障お繰り合わせの上、是非とも御出席頂きますようお願い申し上げます。

    記

2015年度シンポジウム 昭和10年代文学場と〈外地〉

【パネリスト】 和泉 司(豊橋技術科学大学
        光石 亜由美 (奈良大学
        五味渕 典嗣(大妻女子大学
【ディスカッサント】 若松 伸哉(愛知県立大学

【日 時】2016年3月20日(日)14:00~17:30(予定)

【会 場】名古屋大学 東山キャンパス 文学部棟237教室
     http://www.nagoya-u.ac.jp/access/
    (名古屋市営地下鉄名城線名古屋大学」駅下車すぐ)