読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

お知らせ: 公開シンポジウム「いま,大学で何が起こっているのか」@広島大

11月4日(水)、広島大学で以下のシンポジウムに出席します。議論が楽しみです。
http://www.hiroshima-u.ac.jp/schedule/show/id/15662/dir_id/85

以下のとおり,21世紀科学プロジェクト群「教養教育研究プロジェクト」主催の講演会を開催いたします。

教職員、院生、学生どなたでも参加は自由です。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。予約不要。

【タイトル】

公開シンポジウム「いま,大学で何が起こっているのか」
【日時】 2015年11月4日(水) 16:30~18:30
【場所】 広島大学総合科学部 K204講義室
【講演者】

日比 嘉高
名古屋大学大学院文学研究科教員 日本近代文学・文化論)
隠岐 さや香
広島大学大学院総合科学研究科教員 科学史、科学社会史)
佐藤 清隆
広島大学名誉教授 食品科学)
【主催】 教養教育研究開発プロジェクト
【連絡先】 広島大学大学院総合科学研究科 青木 利夫 
atoshi[at]hiroshima-u.ac.jp (Please replace [at] with @.)
【概要】 大学問題に一石を投じる話題の書、『いま、大学で何が起こっているのか』(ひつじ書房、2015)の著者、日比嘉高氏(名古屋大学)を迎えて、昨年来の人文社会・教員養成系の廃止「騒動」を振り返りながら、現在の大学教育や研究を再考し、今後の社会のありようについて開かれた議論をおこないます。
*参加費無料・予約不要

f:id:hibi2007:20151029233545j:plain