読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

春、ひるがえれ

無駄話

とにかく、だな。
春休みは終わるが、春休みの宿題が終わらないんだ。
一日はあっという間に終わるが、
やりたかった一日の課題はぜんぜん終わらないんだ。

学生よ、おれの部屋に来るな。
電話、鳴らなくていい。
メール? なんですかそれ。
保育園、やっぱおれが行くんだよね?

今日、昨日締め切りの校正紙が入った封筒を開封しました。
ええ、机の上がきたないのがいけないのです。
今日、別の校正をすぐに戻して欲しいという携帯の電話をもらいました。
え? だって昨日卒業式だったんだもん。

春休みはまるでこれから咲く花畑のように見えた。
一月の末には。
いま花畑は廃園。一度も咲くことのなかった廃園。

東にまたも病気の愚息あれば
行って看病してやり
西につかれた入試あれば
行ってその紙の束を負い
南に死にそうな学生あれば
行って怖がらなくてもいいからはよカウンセリングに行けといい
北に会議や委員会があれば
つまらないからやめろと小声で言い
ひとりの夜に涙を流すのだ。

そういう春休み。
わたしの春休み。
ここは大学、盛り場じゃないのよと、
レースのカーテンの陰ささやく声は中島みゆきの夏休みの歌だった。
スプリング・バケーション
私のために
スプリング・バケーション
春、ひるがえれ