読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

国際シンポジウム「都市の中の外国人」

(2014.1.24追記)
明日からです! Ustreamの中継はこちらから



今週末、次の国際シンポジウムが開かれます。日曜日に登壇です。ご興味のある方は、ぜひお運び下さい。

趣旨文などはこちらから。http://www.lit.nagoya-u.ac.jp/jacrc/topics20131212.html

国際シンポジウム「都市の中の外国人」

2014年1月25日(土), 26(日)/ 2014. Jan. 25 (Sat.), 26(Sun.)

会場/Place:名古屋大学文系総合館7階 カンファランス・ホール

Conference Hall, Integrated Research Bldg. for Humanities & Social Sciences, Nagoya University

主催/Sponsored by:名古屋大学文学研究科附属「アジアの中の日本文化」研究センター(JACRC)

The Japan-in-Asia Cultural Research Center, Nagoya University



◉1月25日(土)13:30-18:00

シンポジウム1]「都市の中のコリアン/コリアンの中の都市」

オリヴァー・デュー 明治学院大学・JSPS外国人特別研究員)
"Imujin-gawa/ Kamo-gawa: pop appropriation in the season of politics"
申知瑛一橋大学大学院博士課程)
「植民地の都市空間と複数の地方化――台湾博覧会と朝鮮博覧会を中心に」
張ユリ名古屋大学大学院博士課程)
「東京の中の朝鮮モダニストたち――1930年代の馬海松・李箱・林和――」



◉1月26日(日)10:15-17:50

[シンポジウム2]「都市の中の外国人」

冨山一郎同志社大学
「戒厳状態を想起するということー国家の非合法性とレイシズム
シンディー・ワンニューヨーク市立大学
"The Perfect "Other": Chinatowns' Global Histories"
•日比嘉高名古屋大学
「日系移民とロサンゼルス・オリンピック1932」

http://www.lit.nagoya-u.ac.jp/jacrc/topics20131212.html