読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

夏の置き土産



今朝起きたら、玄関先で朝顔が咲いていた。

ここにはこの夏、朝顔の鉢が置いてあったのだが、こぼれた種が、壁と地面のパネルの間の隙間から芽吹いた。

思わぬ夏の置き土産であった。

「夏の宿題」が終わらないまま新学期を迎えている主人にとっては、こういう夏の名残ならば、まあいいかなぁ、と思った朝であった。