読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

シンポジウム「東アジア関係学の構想」

 以下のシンポジウムが開かれます。ご都合の合う方はぜひ。詳細は[こちらから]


◉東アジア関係学の構想
Towards Studies of East Asian Relations

東アジア圏における国民国家間・地域間の歴史的・文化的関係に関する研究と教育はいかにして可能だろうか。近年、国民国家の枠組みを前提とした研究の限界が指摘され、それを超えようとする研究が盛んに発表されてきた。本シンポジウムでは、東アジアの地域間の関係、相互作用、交流に関する共同研究プロジェクトと教育プログラムについて、韓国、台湾、中国、日本からの6つの事例報告をもとに議論を行い、今後の可能性を探る。
How can we develop a research project and an educational program on the historical and cultural relationships among East Asian countries and regions? Recent years have seen a highlighting of the limitations of nation-centered research and a proliferation of research projects that attempt to go beyond this framework. Drawing on six reports from China, Japan, Korea, and Taiwan, this symposium explores further creative and fruitful joint research projects and educational programs on relationships, interactions, and exchanges among East Asian countries and regions.

会場: 名古屋大学文系総合館7階 カンファランス・ホール(キャンパスマップ B4(4):http://www.nagoya-u.ac.jp/global-info/access-map/higashiyama/
Place: Conference Hall, 7th Fl., Integrated Research Bldg. for Humanities & Social Sciences, Nagoya University (B4-4 on Campus map: http://www.nagoya-u.ac.jp/en/global-info/map/higashiyama/congre.html)
主催: 名古屋大学大学院文学研究科附属日本近現代文化研究センター
Sponsored by: Research Center for Modern and Contemporary Japanese Culture (MCJC), the Graduate School of Letters, Nagoya University