読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

陥落…

無駄話


 ついに陥落しました。スマホ購入です。iPhone4Sではありません。HTC EVO 3Dというやつです。今月来たるであろう、家族の大イベントのために、カメラ+閲覧マシンが入り用だ――というのが、最後に自分を説得した殺し文句でした。

 購入し、案の定、カスタマイズ猿と化しています。こうなることは目に見えていた。。。


 スマホは「小さなパソコン」だよ、というのは周囲のいろんな人から聞いていたけれど、いまひとつ実感としてはわからなかったのです。が、わかりました。ぴんと来なかったのは、ひとりひとりにとってのパソコンの意味が違っていたからで(そういえば、「パーソナル」・コンピュータでしたね、あれ)、使い始めて私にとってのパソコンはなんであったのか、思い出したとき、「小さなパソコン」という意味が腑に落ちました。

 私にとってのパソコンは、使い勝手がいいようにカスタマイズできてなんぼ、という機械。その自由さが好きなのでした。そしてそんな私にとってのパソコンは、便利に使うためのカスタマイズなのか、カスタマイズのためのカスタマイズなのか、知らない間に本末転倒が起こってしまう、おそろしい機械なのでした。

 そしていま、初めてのOS, Androidとそのアプリたちに四苦八苦しながら、設定+設定+設定+検索+インストール+設定+検索+インストール+設定+削除+検索。。。

 便利です。面白いです。もう、後戻りすることはないでしょう。ああ、失われた古き良きガラパゴスの楽園。さようなら私の素朴な携帯、さようなら私のオフライン生活。私はアンドロイドの夢を見続けることになるのか。ううう。

 あ、普通の携帯ユーザ的な発想だったときは、スマホが巨大に見え、HTC EVOみたいなばかでかい「携帯」が持ち歩けるか!とか思っていましたが、「パソコン」のモニタはでかい方がいいですよ、やっぱり。(と、すっかりスマホ派の節操のない私(^^; )