読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

名古屋大学による被災大学の学生等の受入れについて

紹介

名古屋大学大学院文学研究科日本文化学専門では、名古屋大学が全学規模で行う支援措置に参加し、東日本大震災によって被災した大学院生や研究者を受け入れることといたしました。受け入れ可能な人員、分野などは以下の通りです。

研究室
総合人文学コース・日本文化学専門
http://www.lit.nagoya-u.ac.jp/~jculture/


専門分野
日本文化論・日本経済史・日本近現代文学・日本語学・映画学・日本上代中古文学


受け入れ可能研究者(大学院生を含む)数と提供可能な研究環境
大学院生3名程度を受け入れ可能、また下記に準ずる条件で差し支えなければ
PDなど研究者も受入れ可能


利用可能な施設・実験装置など
院生室:机・椅子(共用)、パソコン(共用)、ネットワーク環境
研究図書:院生室内の図書。大学附属図書館も外部利用者として


受け入れ開始日時

平成23年4月



さらなる詳細な情報、お申し込み、お問い合わせは、下記の名古屋大学
サイトを御覧下さい。
http://www.nagoya-u.ac.jp/global-info/info/20110419.html
日本文化学専門の受け入れ担当者(日比嘉高)yosh.hibi[AT]gmail.comまで
ご連絡いただいてもかまいません([AT]を@として下さい)。