読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

浅岡邦雄さんの新著


浅岡さんが『〈著者〉の出版史──権利と報酬をめぐる近代』を出された。浅岡さんは出版史がご専門で、この本もその分野で幅広い射程、かつ超ディープな専門性をもつ一冊だが、近代文学の研究者にとっても必読の一冊である。以下、版元の森話社へのリンクと、あわせて目次も紹介しておく。

森話社 http://www.shinwasha.com/

“著者”の出版史―権利と報酬をめぐる近代

“著者”の出版史―権利と報酬をめぐる近代

【目次】

はじめに──権利と報酬をめぐる近代

[I 権利をめぐる著者と出版者]
  『西国立志編』をめぐる出版事情
  「版権条例」「版権法」における雑誌の権利
  「同盟医書販売組合」の設立と医学書の出版
  書物としての『一年有半』『続一年有半』

[II 作家の出版契約]
  著者と出版者とのデリケート・バランス
  小杉天外の著書出版契約
  明治後期地方新聞における小説再掲載の実態──山田美妙を中心に
  岩野泡鳴日記にみる著書の出版
  籾山書店と作家の印税領収書および契約書

http://www.shinwasha.com/

今度、名古屋で著者も招いて読書会も計画しています。ご関心のある方は日比http://park18.wakwak.com/~hibi/まで御一報を。