読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

年頭に際し…

無駄話

 あけましておめでとうございます。
 一年の計は元旦にあり、ということで、すでに三日なんですが、今年の決意をひとつ開陳。

 「今年は仕事の安請け合いはしないぞ」


 気が弱いので、つい「はい」と言ってしまうのである。
 欲張りなので、つい「はい」と言ってしまうのである。
 八方美人なので、つい「はい」と言ってしまうのである。
 見栄っ張りなので、つい「はい」と言ってしまうのである。
 いいかっこしいなので、つい「はい」と言ってしまうのである。


 大人なので、どうしても「いやです」と言えない仕事は回ってくる。
 ここで言っている仕事=研究の他に諸雑用があるのは当然。
 「若いうちは回ってきた仕事は何でも引き受けろ」という金言があるのも知っている。
  ――自分がやりたい仕事だけやっていたら伸びないのは当たり前だ。


 が、気がつけば2002年に出した前著からはや7年。
 7年だ。早えぇ…。
 院生のころは、人の本の後書きを読んで「気がつけば十年。ひとえに私の怠慢ゆえ云々」
  というよくある後書きを読んで、「そらそうやろ、あんたが悪い」と思っていたが、
  もはや、しゃれにならん。自分がそう書いている姿が浮かぶ。(ホントに書きそう)


 そこで言う。
 「私は今年、単著を出します」
 いや、出すとこまでは無理かも。そこで言い直す。
 「私は今年、単著を出すために原稿を書きます」
 いや、こりゃ弱気だな。そこで言う。
 「私は今年、単著を出すために原稿を出版社に入稿します」
 ……多少かっこわるいが、現実的だ。
 現実的でないと、自分にもプレッシャーがかからんね。


 見栄っ張りなので、こうここに書けばきっとオレも今年こそやるだろ。
 というわけで、どういうわけだかわからないでしょうが、
 みなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。