読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日比嘉高研究室

近況、研究の紹介、考えたこと

永井荷風『あめりか物語』は「日本文学」か?

『日本近代文学』第74集, 2006年5月, pp.92-107

[紹介]

 永井荷風は1908年に帰朝し、その後没するまで日本で活動した。だがもし彼が帰国しなかったとしたら、在米中に書きつがれた彼の『あめりか物語』はいったい何文学とされていたか? 20世紀前半の北米移民においては、出稼ぎ/定住/旅行の区分はさほどはっきりしていない。永井壮吉は定住移民になっていた可能性は十分にあるし、彼自身その可能性を自覚していた。『あめりか物語』は、帰国後の荷風のイメージからさかのぼるのではなく、いまだ無名に近い一人の〈在米日本人〉が書いたテクストとしてあらためて読みなおされるべきである。移民地における日本語環境の問題と、他の〈在米日本人〉作家たちとの比較を行いつつ論じる。